Trans Princess (緊急避難所…☆)

そろそろ更新再開したいですね…☆

2022–04–17 (Sun) 19:15
本業が忙しすぎて更新できない…
でもたまにご挨拶して、生存確認しておかないと…☆

日本のニュースを見ていると笑えますね。
この後本当の事がバレたとき、どうするんでしょうかね…

本当は米国とロシアが手を組んで、
金融戦争屋だの悪徳商人だのを全滅させようとしているだけなので、
彼らはちゃんと手を組んでいますよ。

その辺、そろそろ更新を再開してお話したいところですが、
さあ、どうなるかな…☆










スポンサーサイト



ウクライナ陥落後、日本は金融戦争屋最後の植民地に…☆

2022–04–03 (Sun) 20:47
ウクライナ「キーウ州全域解放」

ウクライナが停戦に向けた文書を出してたので、
トシア「和平をやりやすくするためにキエフ方面の攻撃を緩める」
と既に発表しているのですが…
共同通信はじめ日本のマスミディアはそんな事は一言も触れません。
まるで実力でウクライナが勝ったように報道していますね。

実はAFPの仏語版やCNNの英語版を見ると、
同じ西側でも、もう少し冷静な報道をしているのですが…
これも金融戦争屋の代官、駐日米国大使の差し金でしょう…☆

岸田政権ウクライナ支援続々の陰に“超ヤリ手”駐日米大使 着任以来まるで政策の主導者

 防衛装備品の提供、避難民受け入れ、1億ドル追加拠出などウクライナ支援に前のめりの岸田政権。その背景に「超ヤリ手」といわれる米国の駐日大使の存在がある。
 ラーム・エマニュエル駐日大使は今年1月23日の着任以来、まるで日本政府の対ロシア、対ウクライナ政策を主導するかのように強烈な存在感を発揮している。
 自衛隊の装備品提供を米軍機で空輸した際には、自ら搬入に立ち会って檄を飛ばした。3月18日には「東京の大使公邸にウクライナ避難民家族を受け入れる」と表明して、難民受け入れに消極的な日本政府の尻を叩いた。岸田首相がポーランドに避難民受け入れの特使を派遣すると発表したのはその1週間後だ。



さて、この男のウィキペディアでも見てみますか…
ラーム・エマニュエル

1959年11月29日にイリノイ州シカゴに誕生する。彼の父はイスラエルのエルサレム出身のユダヤ人小児科医であり、母はシカゴ出身のX線技師である。2人は1950年にシカゴで出会った。兄のエゼキエルは医者、弟のアリエルは映画会社では有名エージェントである。
1981年にニューヨーク州のサラ・ローレンス大学を卒業し、1985年にはイリノイ州のノースウェスタン大学に入学した。学部在学中には地元の連邦下院議員の選挙にボランティアで参加した事もある。
また1991年の湾岸戦争ではイスラエル国防軍に民間ボランティアの資格で参加し、イスラエル北部の基地でトラックのブレーキ修理をしていた。つまりイスラエルとの二重国籍を持った「シオニスト」で、自他共に認める「ユダヤ・ロビー」の1人であると反ユダヤ的イデオロギーの強い敵対勢力から中傷されることがある。

典型的な金融戦争屋の人材ですね。
こんな程度の男に牛耳られるとは、日本も舐められたものです…☆
ウクライナ陥落後、日本は金融戦争屋最後の植民地になりそうですね。

実際、今金融戦争屋の報道を鵜呑みにしているのは、
世界で日本人(あとはせいぜい韓国人、台湾人)位でしょうか…


戦争自体は金融戦争屋軍の精鋭(アゾフ大隊)はチェチェン兵部隊に大敗し、
最大の基地も超音速ミサイルで物資もろとも全部吹っ飛ばされたので、
あとはウクライナが降伏して非武装中立化するしかないのですが、
それだけは絶対ダメと言っているのが英国。

それはそうです。
大英帝国がついに滅亡の時を迎えるようなものですから…☆

ルーブル、開戦前の対ドルレートまで全値戻し戻し…☆

2022–03–31 (Thu) 22:23
前回の記事でお話した、ロシアルーブルと米ドルの為替ですが…

https://www.dailyfx.com/usd-rub

usdrub2.jpg

ほら、完全に開戦前のレートに戻っちゃいましたよ…
だから申し上げたでしょう?
この戦争ロシアの大勝、米英コテンパンにやられる…と☆

英国は首相が中東へ行って油を売ってくれるように頼んだのに断られ、
ドイツはガス代をガスプロムに頼んでユーロで払い、ガスプロムがルーブル転する…
という、「ロシア制裁なんて知らねーよ☆」なウルトラCで、米英裏切ってエネルギー確保。
日本のマスミディアはロシアが折れたように書いていますが、話は全く逆。
ドイツはロシアのガスが無いとやっていけませんし、
ドイツ国民はもともと米英の金融戦争屋のプロパガンダなどお見通しですから…


日本ももっと、賢くやらないと…
日本政府が愚かなのは毎度の事なのであきらめもつきますが、
賢いはずの日本の民衆が「全部ロシアが悪い」なんてやっているようでは…

これは深い傷を負う可能性もありますね。
皆さま、予めの自衛策をお願い申し上げます。
わたしもこのブログから、出来る限りサポートさせて頂きますので…☆






露ルーブルは対米ドルレートで、大幅に値を戻しています…☆

2022–03–29 (Tue) 22:15
もう少し更新できるかなと思っていたけれど、
忙しいですねえ…☆
落ち着いてくるのは、秋くらいからかな?


相変わらず、日本のマスミディアは金融戦争屋の飼い犬らしく、
ウクライナまた勝った&ロシア大誤算の惨敗報道を繰り返しています。
日本人ももう少し勉強しないと、彼らの手玉に取られたまま、
最後には全財産持っていかれますよ。
けれどそういう人は不思議と、英米とテレビ・新聞と有名人には弱い…
賛同し、若しくは従順ですね。
ロシア側の報道の話をしても、「そんなの嘘だ」と、聞く耳もたないようです。
やれやれ…☆

ただ、そういう人に真実を知らせる方法も結構ありますよ。
例えばこれ。
米ドルと露ルーブルの為替チャートなのですが…

https://www.dailyfx.com/usd-rub
usd-rub.jpg

ほら、分かるでしょう?
ルーブルはドルに対して、値を大きく戻しているのですよ。
理由は大きなもので言うと2つ
①ルーブル経済圏が構成されつつある
 欧米支持よりもロシア支持の国の方が、 国土面積でも人口でも多いのです。
 特に中・印・ブラジルなどが中心となって、脱欧米経済圏が生まれています
②戦況がロシア圧倒的優位
 毎日流される米英のプロパガンダのエスカレートぶりとは裏腹に、
 ウクライナは既に、国としての態をなしていない状況の様です。
 もはや国内各地の情報も入らず、それこそキエフだけやっと抑えている状態でしょう。
 だからCNNもBBCもロシアに頭を下げて、(正確な)情報を貰っているような体たらく。

マーケットは最後の最後で正直です。
この後どうなるか、国際金融の連中は分かっているのですよ。
みんな海千山千の連中ですからね…

日本も少しづつ目をさましながら、
次の時代、未来の事を、そろそろ考え出さないと…☆

ワンパターン三文劇場、最終舞台へ…☆

2022–03–24 (Thu) 22:04
今回の金融戦争屋の戦い方も、有言実行型ですね。
と申しますか、いつも「ワンパターン」ですからね…☆

ロシアが一般市民を殺している
ロシアが生物兵器を使っている
ロシアが化学兵器を使っている

でも、実際使うのは自分たちの方…☆
全く同じ事、20年ほど前にありませんでしたか?

イスラム原理主義教徒がハイジャックを狙っている
イスラム原理主義教徒が巨大なテロを狙っている

これらは911として実現したわけですが…
犯人は本当にイスラム原理主義教徒でしたか?

イラクには大量破壊兵器が保管されている
その指導者サダムフセインは、鬼畜の様な悪魔人間である
そうして戦争を始めた訳ですが…

結局、大量破壊兵器は全く見当たらなかったのではなかったですか…?


今回も全く同じです。
けれど、またしても日本人は、またしても騙されてしまっていますね…

それでもあきらめずに、こうしてささやかながら、
皆さんに目覚めて頂けるよう、更新を続けております…☆

と、ここの常連のお客様に言っても、
釈迦に説法、キリストに聖書、マホメットにコーラン、講師に論語…☆


それにしても今回は、911をさらに上回るようなゴリ押しで、
出鱈目とイカサマを、なりふり構わずばら撒いていますね…
これがバレたとき、彼らは誰からも相手にされなくなるでしょう…☆

逆に言えば、そこまでしなければならない程彼らは追い詰められている訳ですし、
ウクライナにはそこまでして守らなければならない「秘密」が隠されているのでしょう。

さあ、このヴェールを剥ぎ取りに来ているのがプーチンたち。
対する金融戦争屋連中を、裏から足を引っかけて倒そうとしているのがトランプたち。

やはり米露はの国家理性の人たちは、裏でガッチリと手を結んでいますね。

そして日本はと言えば…
はあ…☆


 | HOME |  次へ »

プロフィール

Michiru

Author:Michiru
旧ブログである、
Trans Princess - transprincess.blog.fc2.com
が全削除された為、こちらで復旧作業中です。
復旧には時間がかかるかもしれません…☆

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR